ゆーの家族とにゃんこが一番

ゆーの家族とにゃんこが一番なんです

ルテインのサプリメントの上手な利用方法

without comments

目にいい成分だとされるルテインは、目のコンディション不良を気にかける人の多くがサプリメントから摂取しているようです。ルテインサプリメントを賢く使うには、どういった点に気をつけるといいものなのでしょうか。サプリメントは、食事だけでは確実に補給することが難しいという人でも、気軽に栄養摂取ができるものです。ルテインは、ほうれん草やケール、キャベツ、ブルーベリーなどにも含まれているので、サプリメントでなくても摂取することができます。

ですが、ルテインを毎日6gずつ食事から補給しようとすると、意外と難しいことになります。ルテインを補給するために、かなりの野菜や果物を食べることになってしまいます。ルテインサプリメントが注目されているのは、こういった事情もあります。ルテインのサプリメントを摂取する時は、食後に水やぬるま湯で飲むようにすることがポイントです。食後が推奨されるのは、その時が一番胃に負荷がかからないためです。食事を消化吸収している時に、一緒にサプリメントも消化してしまいましょう。ほうれい線に美容液をうまく利用することで改善して消すための方法とはどんなものなのか

摂取するサプリメントの量は多くても少なくても良くありません。サプリメントの摂取量が、多ければ多いほどいいということはありません。これはサプリメント全般に言える話です。うっかり飲みすぎることがないように、ルテイン以外のサプリメントでも、まずは適切な摂取量をチェックした上で利用する習慣をつけていきましょう。

Written by syogo0126

8月 1st, 2014 at 1:20 am

Posted in この話

Tagged with

朝2分ダイエットでやせる理由

without comments

朝2分ダイエットでは、大きく息を吸い込むと肺が広がり、つられて胸助関節が開きます。毎日朝2分、深呼吸をする事で、胸助関節はスムーズに開きやすくなっていきます。胸助関節が開くと骨盤が締まります。胸助関節と骨盤はシーソーのように関連しているのです。骨盤と頭蓋骨には密接なつながりがあり、骨盤と共に頭蓋骨も締まります。

全身の骨組みに深く関わっている骨盤は、歪みや締まりが全身に影響を与える重要部位です。朝2分ダイエットを継続して行い骨盤を締めることで体が締まり、体質改善へとつながっていきます。骨盤は盤石な部位という印象があるかもしれませんが、この大切な骨盤は、普段の姿勢の偏りなどでゆがみやすいのです。骨盤の歪みが起きる姿勢に、横座りがあります。おしりを右か左のどちらかに、その反対側に足を出す座り方ですが、同じ方向ばかりの座り癖 がついているとねじれはひどくなる一方です。

イスやソファーに足を組んで座る足組み姿勢は、無意識に取ってしまう人も多いのではないでしょうか。常に骨盤が傾く姿勢なため、癖がついているような人は歪みが常態となっている可能性もあります。骨盤のゆがみに関係ある姿勢としては、横になった時にひじを立てて頭を乗せ、重心が一方に偏ってしまうひじ枕があります。あまり長い間、ひじ枕のままでいないようにしましょう。椅子に座っている時、胸を前に出し背筋をまっすぐ、やや反らし気味にすることが正しい姿勢です。脱力させて猫背の状態で座っていると、背骨の歪みにつながりかねません。

Written by syogo0126

4月 23rd, 2014 at 1:07 am

Posted in この話

家庭でもできる断食ダイエット

without comments

72時間以上に渡って食を断つ断食は、本断食と呼ばれます。ただし、本断食のような長期間に渡る断食を家庭で安易に行うことは危険を伴います。本断食には専門家の指導が必要です。間違いのない断食ダイエットで、家庭でできるものは半日くらいです。家庭でまる一日食事を絶つことはできなくはありませんが、危険度が高いのでお勧めできません。家庭で行う断食ダイエットには、夕食~翌日の昼食までを食事を取らない半日断食ダイエットがあります。

基本的には18時間以上の間隔をあけます。その間、間食はもちろん夜食も摂ってはいけませんが、水分補給は必要です。断食により胃腸を休息させてあげます。朝食を抜いても、最低500CC以上の水を飲みましょう。水分を摂ることで便の排出を促してくれます。断食によって便秘にならないよう、2リットルを目安に水を飲む必要があります。そして、断食ダイエットを成功させるためにも、断食を終えた日の夕食や昼食で過食にならないよう気をつけましょう。

日常のカロリー調整はダイエットの基本的な部分ですから、制御不能な食べ方をしてはいけません。食を断つことが辛い人は、できるだけ断食ダイエットに近い状態にしてみましょう。朝食を野菜ジュースやゼリーに変えるなどの形で断食メニューをこなすというやり方もあります。断食だからとあまり重く考えず、毎日の食生活を見直す意味で、断食ダイエットによって規則正しい生活を導き、健康な体と、生き生きした心を手に入れましょう。

Written by syogo0126

4月 23rd, 2014 at 1:06 am

Posted in この話

水ダイエットで飲む水

without comments

どんな水を飲めば、水ダイエットの効率が上がるでしょうか。一念発起して水ダイエットに取り組んだとしても、間違った水を飲んでは頑張った分が台無しです。例えば、水道水は塩素の含有量が多く、粘膜を傷める可能性があるので大量に飲むことは健康に良いとはいえません。水ダイエットのはずの水でカロリーを得てしまってはダイエットになりませんので、甘い飲み物もアウトです。カロリーのないお茶か水を口にするようにしましょう。あるいは、有料のミネラルウォーターという選択肢もあるでしょう。

硬水と軟水の2種類のミネラルウォーターが販売されています。硬水とは、1000ccの水の中に120g以上のミネラルイオンを含む水のことを指しています。それよりミネラルイオンが少ない水を軟水と呼び、水分中のミネラルの量で区別しています。水ダイエットに使う水には、硬水がおすすめです。特に食事を減らしている人や、汗をかくようなダイエットを併用している人はミネラルが不足しがちですので、水ダイエットの硬水で足りない分を補ってください。

ミネラル豊富な硬水は、ミネラルが少ない軟水と比べて、空腹感が満たされやすいのです。水道水を浄水器で浄化して飲み水として利用することも可能です。ミネラルウォーターを買うよりずっと安価で済みますが、浄水器は性能も値段も差が大きい商品なので、水ダイエットに使いたいなら、しっかりと浄水器の情報を集めて調べるようにしましょう。

Written by syogo0126

4月 19th, 2014 at 1:57 am

Posted in この話

女性特有の抜け毛

without comments

抜け毛の原因は色々あり、老若男女問わないものもありますが、女性特有の抜け毛もあります。近頃は男性でもしっかり髪の手入れをする人が増えています。そうはいって、もやはり女性は男性よりも明らかに髪の手入れに気を使っているといえるでしょう。けれどもそれが逆に髪に負担を与えてダメージを加えることになり、抜け毛の原因になっている場合もあるのです。

まず汗をかいたり汚れてしまったりで行う過剰なまでのシャンプーがあります。ひところに比べずっと手軽にカラーリングやパーマも行えるようになり、それだけ髪への負担も増えて、抜け毛を引き起こしているのです。また冷え性だという人には心当たりがあるかもしれません。女性の悩みの多くに冷え性がありますが、冷え性もまた、抜け毛を引き起こす原因の1つと考えてられています。

血行が悪く毛細血管まで血液を流すことが出来ない状態では、髪に必要な栄養分も届かなくなり、抜け毛を起こすことがあるのです。女性にはきっても切れない妊娠や出産も、抜け毛の原因になってしまうということもあります。赤ちゃんに栄養を送ることが第一の妊娠中は、栄養が髪にまでは届かないというときもあり、そのため抜け毛になるのです。また妊娠してから出産に至るまでの期間は、女性ホルモンが大きく増減し、出産後の抜け毛を起こすこともあるのです。

Written by syogo0126

4月 19th, 2014 at 1:56 am

Posted in この話

脾粒腫という脂肪の塊

without comments

脂肪が凝固し脾粒腫という粒になり、顔や目じりなどにできてしまう人がいます。思うように取れずにずっと付着したままということもありますが、気づくと取れているということもあります。脾粒腫とニキビは混同されやすい症状ですが、脾粒腫は毛穴に脂肪で栓をされたような感じです。大抵の場合、30歳以降から脾粒腫は見受けられるようになりますが、まれに子供にもできることがあります。人によっては、ぷつぷつといくつも薄い褐色の粒子が並ぶこともありますが、首やあごに2ミリ程度のものができやすいです。

脾粒腫の中に入っているのは良性の凝固した脂肪で、元は皮膚です。白髪と同様で年令とともに増加する人もいますが、年令の割に多い人も老人でも出来ない人もいます。歳月の経過と共に脾粒腫が育って目につきやすくなるような場合もありますが、元々人に感染するような類のものではありません。治療を希望するなら皮膚科に行くといいでしょう。予想外に簡単に取り除けます。スキンタッグという呼び方もあります。脂肪の塊をできにくくするには、代謝をよくすることが良いとされています。

ただし、代謝率のいい体を作るためには食事内容の改善や規則正しい生活習慣、適度な運動が必要なので、脂肪の摘出等とは根本的に違う課題となります。目の周りの脾粒腫であれば、アイクリームなどを塗ってマッサージを続けるのも良いようです。

Written by syogo0126

4月 17th, 2014 at 10:40 pm

Posted in この話

粉瘤という脂肪の塊

without comments

体内の脂質が固形化すると、どういったものになるのでしょう。皮膚腫瘍のひとつで、全身の皮膚どこにでも生じる脂肪の塊に、粉瘤(ふんりゅう)があります。サイズの大小の違いはあれど、たいていの人は経験があるのではないかというほどよくあるものです。粉瘤は悪性腫瘍のように増殖するものではないので、絶対に手術をしなければならないということはありません。しかし顔にできて大きくなった脂肪の塊は目立ってしまいます。

何事もなければ特に痛みも感じない粉瘤ですが、感染しやすい性質があり、感染して化膿するといきなり腫れがひどくなり痛みが起きます。粉瘤が化膿し腫れないうちの対処が肝心ですので、粉瘤を見つけたらまだ小さなうちに除去手術をしてもらうことがお勧めです。脂肪分が固まっている部分だけでなく、それをくるんでいる皮も完全に除かなければ再発要因となりますので、除去する時は完全に取り去ってください。まだ化膿していない粉瘤ならば、皮も中身も軽い処置で容易に取り去ることができます。

ですが必ずうまくいくというわけではなく、時には皮が薄すぎて脂肪分が漏れてしまったりします。一旦細菌感染すると周囲の組織と癒着を起こすため、脂肪の塊よりも少し大きめに切開します。一度そうなってしまうと、癒合している組織ごと取り去らないと粉瘤を摘出したことになりません。

Written by syogo0126

4月 17th, 2014 at 10:40 pm

Posted in この話